避妊薬 市販

緊急避妊薬(事後ピル・後ピル)・モーニングアフターピルとは?

通常の避妊ピル(低容量、中容量、高容量)のように、周期に合わせて服用し、あらかじめ避妊を目的とするものとは違い、「事後」すなわち性行為後に飲むことで、避妊効果が得られるものです。

 

日本でも避妊ピル、緊急避妊薬等は「産婦人科」、処方箋があれば「調剤薬局等」で入手できますが、一旦、病院にかかる必要がありますね^^

 

ただ、これ以外に、、

 

日本でも個人輸入(代行輸入)などで直接購入することは可能です。

 

 

 

このサイトから購入する場合の注意点や知っておくこと。

 

 

購入方法

 

ネット通販サイトと同じように、個人輸入代行業者に発注し、「銀行振込」や「カード決済」などによって支払いを完了した後、商品が直接手元に届くシステムなので、通常の通販となんらかわりはありません。

 

違う点は、海外から直接手元に送られてくるということだけ。

 

※基本的に先払いとなっています

 

私もこの手の販売業者をよく利用しますが、今のところトラブルは1度もありません^^

 

 

気をつける点

 

避妊薬などは、男性名義による発注は受けてもらえないものが多いですし、届け先が自宅に限られる場合もあります。

 

※あくまでも個人輸入となるため、勤務先などの不特定多数が受け取れる場所などへの配送や転送は、受けてもらえない場合が多いですね

 

 

荷姿・お手元に届くまでの日数は?

 

ご家族と同居の場合などは、荷姿が気になるところですが、、

 

発送先によって梱包は変わることはありますが、基本的に商品名の記載はなく、海外からの荷物だと分かる程度なので、ご家族が受け取られる場合でも、海外製の化粧品を購入したなど、あらかじめ説明しておき、開封しないように言っておけば安心ですね!

 

※お手元に届くには、約1週間〜10日ほどかかります

 

 

使用方法

 

購入したものに準じますが、大体が1錠、2錠を72時間以内服用するものが多く、中には、5日以内に服用すればいいというものもありますが、基本的に早めの方が
いいとされています。

 

 

結局は・・・

 

緊急避妊薬という名前通り、あくまでも何かあった時のお守りとして、購入されている方が多いです。

 

普段から通常の避妊具を正しく使用し、トラブルがあった時の対処法として、常備しておくといいと思います。

 

 

一番大事な点は・・・

 

限りなく100%に近い数値でも、効果は100%ではないということを知っておきましょう。

 

どうしても気になる場合は、産婦人科に掛かられることをオススメします。

 

 

※服用後、ある一定期間内の出血をもって、避妊が完了となるものが多いので、その期間は性行為は控えたほうがいいです

 

万が一、既に妊娠していた場合は服用することはできませんよ。

 

 

その他、商品購入の際、気になることがお有りでしたら・・・

 

⇒「よくある質問」を御覧ください

 

 

 

ここでご紹介させていただく商品は口コミ等も多数あり、主な副作用についても書かれていますので、ご自分の体に合ったものを選ばれるのがいいと思います。

 

 

・1錠タイプは・・・1錠で完結。

 

・2錠タイプは・・・決められた時間内に2錠目を飲むタイプなので、2錠と書かれていても2回使えるものではありません。

 

↓こちらは全て緊急避妊薬です↓

 

主な成分:Levonorgestrel(レボノルゲストレル)1.5mg

 

1箱1錠タイプ

 

i-Pill単品とi-can(妊娠検査薬)がセットになったものもあります。
僅かな金額でセットになっているので、妊娠検査薬を単品で別に購入するよりお得です!!

主な成分:Levonorgestrel((レボノルゲストレル) 0.75mg

 

1箱2錠タイプ

主な成分:Levonorgestrel(レボノルゲストレル)1.5mg

 

1箱1錠タイプ

 

ヤマト便は最短3日でお手元に届きます※お急ぎの方におすすめ!!
他に通常の国際書留郵便もあります(ややお値段が安いです)

 

ポスティノール(Postinor)

 

主な成分:Levonorgestrel((レボノルゲストレル) 0.75mg

 

1箱2錠タイプ

 

 

エラワン(Ellaone)30mg

主な成分:ウリプリスタール酢酸エステル(Ulipristal acetate) 30mg

 

1箱1錠タイプ

 

↓低用量ピルをお探しの場合はこちらから↓

 

 

「第1世代〜第4世代」までの低用量ピルの価格や特徴が、一目でわかるようになっています。

 

※上記、商品説明を下っていくと、「低用量ピル・アフターピル比較一覧表バナー」が出てきますので、そのバナーをクリックすると、様々な種類のピルが紹介されています

 

 

避妊薬の選び方(緊急避妊薬の場合)

 

一番の心配は副作用かもしれませんね。。

 

この部分は個人差が大きく、薬に使用されている成分にもよりますし、その時の体調にも左右されますので、1度少量で購入してみて、ご自身の体に合う合わないを確認されたほうがいいかもしれませんね。

 

※そんなに使うものではないので、判断は難しいでしょうが、、、

 

 

成分は下記の2点がよく使われていますが・・・

 

Levonorgestrel (レボノルゲストレル)、ウリプリスタール酢酸エステル(Ulipristal acetate)等。

 

特に大きな差がある訳ではないので、副作用の出方を目安に選ばれたほうがいいと思いますよ^^

 

 

後は、1錠ものと2錠服用するタイプが有りますが、2錠タイプは、1錠目を服用後12時間後(以内)に、「もう1錠服用」する必要があるので、2錠飲んだほうが安心できるという意見もありますが、飲み忘れも考えられるので、その辺はご自分のご判断で便利な方をお選びください!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加