避妊薬 種類 効果

避妊薬の種類や効果と入手先(購入先)は?

避妊薬(ピル)の種類と効果

 

 

大きく分けて避妊薬には2種類あります。

 

○あらかじめ決まった日時に飲み続けていくことで避妊することができるタイプ。

 

 

○事後ピル(アフターピル)・緊急避妊薬と呼ばれる性行為後に飲むタイプ。

 

本来の目的は、どちらも避妊することですが、前者の方は、他の目的で服用される方もおられますね。

 

 

例えば・・・

 

 

○にきび(吹き出物)等

 

生理前になると、女性ホルモンの影響で、皮脂腺が刺激を受け、顔などに吹き出物ができる方がおられます。

 

こういった場合にピルを飲むと、治まる場合もありますね。

 

 

○月経不順や生理をずらす時

 

女性のスポーツ選手が、生理日が試合当日に当たらないように、月経周期の調整のために使っていたり、一般の方でも、旅行の日取りに月経本番日が重ならないように、調整したりするのに使われる人もおられるようです。

 

 

○若年性更年期障害に

 

最近は20代後半〜30代の方でも、更年期障害に似た症状を訴える方もおられます。

 

こういった場合にピルを使用することで、効果が得られることが知られていますね。

 

 

この他にもピルの使用例はありますが、基本的には避妊薬として処方されるものなので、他の使い方をされる場合は、医師に相談し診断を受けた上で使用されることをおすすめします。

 

 

特に女性特有のガンの疑いがある場合や、ピルを体質的に受け付けない方もおられるので、おかしいと感じたら使用をやめて医師に相談しましょう!

 

 

低用量ピルも緊急避妊薬も、年齢に関係なく病院の処方箋があれば買えますが、国内で処方されるものも保険が効かないので、海外から個人輸入代行業者を通し、安価に購入される方もおられます。

 

 

⇒避妊薬を買える場所はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加